ドラマ感想

『真犯人フラグ』感想#2

『真犯人フラグ』は毎週日曜 夜10時30分放送。

2クール、半年かけて放送される秋元康さんの企画原案のドラマです。

#2 ストーリー

#1の最後に届いたダンボールの中身は5年前に殺害された身元不明の少年の遺体だった。謎が増える中、事件がマスコミで取り上げられると、凌介(西島秀俊)が悪人さらには犯人かのような憶測が広まり、会社にも苦情電話が殺到する。そんな中、部下の瑞穂(芳根京子)が事件解決の手伝いをすると言い出し、2人で手がかりを探ることに。配達車のドライブレコーダーから妻、と子供2人らしき人物を見つけ出すが・・・

第2話は初回と違いゆっくりな展開。

凌介と瑞穂の関係性や性格などがしっかり描かれました。

いろんな登場人物の怪しい動きもありましたが、まだ小出しという感じ。

 

怪しい動きの登場人物たち

みんな何か秘密がありそうな登場人物。

気になるところを書き出してみましょう。

少年の遺体・・・左頬に黒子2つ。小学生の遺体を5年間も冷凍保存しておけるのはかなり特殊な場所。

相良凌介・・・回想シーンも含め善人でお人好しな人柄。このまま裏のない人物として描かれるのか。

菱田朋子・・・凌介のスマホの連絡先に名前が載っていたのにも関わらずあまり親しくはなさそう。

橘一星・・・スマホで誰かの居場所を探している。アプリに16時7分に「たすけて」とメッセージが入っている。日付は10月。日にちは明示されず。光莉が最後に確認された時間は16時17分なので別件か。

林洋一・・・上司に言われて、家の建築をやめるかどうかの確認にきた。本当は凌介の様子を伺いに来たのでは。

 

気になる設定

凌介の家のインターホンを鳴らしたのは誰。ドア越しに聞こえた猫の声は?

ぷろびんの歌がBGMとして流れてきたシーンは爆笑。ファーストテイク、気まぐれクック、関暁夫の都市伝説など節操なしに取り入れているところも底辺ユーチューバーっぽくて良い。

猫おばさん、ファーストテイクの歌唱「猫」、ドア越しの猫の声など『猫』がキーワード?

 

大胆予想

第2話でも事件の全貌も分かっていないため、現段階での一応の予想をしてみました。

真相予想

光莉は恋愛、篤斗はいじめという問題があり、それを凌介に内緒で解決しようとした真帆。しかし、問題が拗れて軟禁されている。犯人はママ友トラブルがらみの菱田朋子。

 

大穴予想

ハウスメーカーの偉い人が凌介の土地を欲しがっていて、裏工作して解約させようとしていたが、思わぬアクシデントで事件が大きくなってしまった。

 

まとめ

最後、埋まっていたローファーは気になりますが・・・光莉ではないんでしょうね。望月や元木などは、まだ凌介との関わりが書かれていないので次回以降が気になります。

 

投稿者プロフィール

ヨーグルトマニア
ヨーグルトマニア
エンタメが大好きな管理人によるオンデマンド生活をご紹介します。
芸人のバカリズムとヨーグルトが大好物。

-ドラマ感想

Copyright© エンタメ好きのオンデマンド生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.