dTV VOD比較 視聴方法

dTVの申込方法と各VODとの比較、メリット・デメリット

NTTドコモが提供している動画視聴サービスdTV。月額費用550円と非常にリーズナブルな価格で、ドラマや映画、アニメなどが楽しめると人気のサービスです。

本記事では、dTVのサービスの内容や視聴できる作品、メリットやデメリットについて解説します。

オトクに利用できる情報もいくつかご紹介しますので、加入を迷っているという人は、ぜひ一度ご覧くださいね。

\1ヶ月無料視聴/

dTVの申し込みはこちら

 

dTVの特徴

dTVはNTTドコモが運営している、オンデマンド動画配信サービスです。ドコモのケータイ利用者はもちろんのこと、ドコモユーザー以外でも利用が可能。映画・ドラマ・アニメ・音楽など、さまざまなジャンルの作品が、およそ12万作品も視聴できます。

月額費用は550円というリーズナブルさ。安いだけでなく視聴できる作品数も豊富なので、コスパは抜群!これまで動画配信サービスの利用を迷っていた人も、迷わず利用できるほどの低価格です。dTVは価格とサービスの質の良さで、満足度の高い動画配信サービスだといって間違いないでしょう。

>>今なら31日間無料でお試しできます!

 

国内外の映画やドラマ、BeeTV、ミュージックビデオなどが見放題!

dTVは以下のような作品や番組が見放題で視聴できるサービスです。

  • 国内ドラマ
  • オリジナルドラマ
  • 海外ドラマ
  • 韓流・華流ドラマ
  • 邦画・洋画(旧作)
  • バラエティ
  • 音楽
  • アニメ
  • キッズ番組

 

国内のテレビドラマやバラエティ番組に関しては、放送局の縛りがないため、さまざまな局の新旧の作品が楽しめます。(一部レンタル)

海外ドラマに関してはヒット作が中心。どちらかというと韓流や華流のドラマの方が、作品が充実している印象です。

音楽作品についても、国内外のアーティストのミュージックビデオやライブ、コンサートなどの視聴が可能とかなりの充実度。一部音楽では、カラオケも配信されています。

オリジナルドラマや、放送されたドラマやアニメのスピンオフ作品なども充実しているので、そうした作品目当てで利用するユーザーも少なくないでしょう。

アニメに関しては大人が好むような作品に限らず、キッズ向け番組も充実している点がうれしいポイントですね。

一部の作品は有料のレンタル作品にはなるものの、トータル12万作品が用意されているので、世代を問わず幅広く楽しめるのが特徴ですね。

 

さまざまなデバイスで視聴可能

dTVは、さまざまなデバイスで視聴が可能です。

    • スマートフォン
    • タブレット
    • パソコン
    • スマートテレビやレコーダー
    • セットトップボックス
    • ストリーミングデバイス など

Amazon Fire TVやGoogle Chromecastなどのストリーミングデバイスをはじめ、スマートテレビの機能でも視聴できるので、テレビの大画面でも楽しめますね。

ちなみにdTVでは一部の作品に4K画質の作品もあります。4K対応テレビやデバイスなら、より迫力のある美しい画面で視聴できることでしょう。

 

なんといっても費用が安いのが魅力

dTV最大の魅力といえば、月額費用の安さではないでしょうか。

dTVの毎月の使用料は550円と、他社と比べても非常に安いのが特徴です。

新作ドラマや映画、旧新作の作品など、一部の視聴についてはレンタル料(別途110円~550円程)がかかりますが、そのほかはすべて見放題。

テレビ局の縛りもないので、さまざまな作品を幅広く楽しみたいという人には、かなりコスパが良いと感じられることでしょう。

 

動画のダウンロードや倍速再生が可能

dTVの動画は、ストリーミング再生(インターネットにつないだ状態での動画配信)だけでなく、スマホやタブレットなどのデバイスへダウンロードして視聴することもできます。

Wi-Fi環境でまとめてダウンロードをして出先で視聴することや、車での移動時にお子さんにアニメなどを見せてあげるといったこともできます。また「1.2倍」や「1.5倍」での倍速再生も可能なため、あらすじだけを流し見したいときなどにも便利です。

ただし同時視聴などはできないため、家族全員で利用したい場合などには注意が必要です。(視聴デバイスは最大5台まで登録できます。)

 

月額使用料の支払いにdポイントが使える&利用で貯まる

ドコモユーザーのみならず、dポイントを貯めたり活用したりしているという人は少なくありません。

dTVでは月額料金の支払いにdポイントの使用が可能。1ポイント1円として使用できるので、日ごろからdポイントを貯めている(チャージしている)という人は、上手に活用できますね。

しかも毎月の支払料金や別途レンタル利用によってdポイントを貯めることもできるので、dポイントユーザーにとってはかなりオトクです。

    • ドコモの回線契約があるユーザー:1,000円で10~100ポイント(契約状況に応じて異なる)
    • ドコモの回線契約がないユーザー:100円につき1ポイント

 

 

31日間無料で試せます

dTVははじめて利用する方に限り31日間無料でお試しできるキャンペーンを実施中です。入会時に表示されていた期限までの間に解約すれば、以降月額費用が請求されることはありません。

一部最新作などを除いた12万作品の動画が見放題で利用できますので、思う存分楽しんじゃいましょう。

>>31日間無料お試しはこちら

 

 

dTVの新規申し込み方法

dTVはNTTドコモが運営するサービスのため、利用するためにはdアカウントが必要です。dアカウントをお持ちでない場合は、お試し申込ページよりアカウントの新規発行が可能です。

 

利用開始までの流れは以下の通りです。

step
1
dTV公式サイトへアクセス

step
2
「今すぐ無料お試し」のボタンをクリック

step
3
dアカウントにログイン

step
4
dTV月額使用料(550円)を確認

step
5
支払情報を登録(ドコモユーザ以外はクレジットカード登録)

step
6
規約を確認しチェックをしたら「申し込み完了」

 

ではそれぞれのステップに合わせて、もう少し詳しく解説していきましょう。

 

dTV公式ページから申し込みページへアクセス

まずは公式サイトへとアクセスします。

画面中央に赤いボタンで「今すぐ無料お試し」と書かれていますので、まずはそちらをクリックします。

 

dアカウントにログインする

dTVはドコモの関連サービスのため、利用時にはdアカウントへのログインが必要となります。

すでにdアカウントを持っている場合には、ID→パスワードの順で入力してログインしましょう。

もしもdアカウントを持っていない場合には、ページの下の方にある「dアカウントを発行する」より新規にアカウントを発行しましょう

 

決済方法の決定

ログイン後は、支払い方法について登録します。

すでにdアカウントでなんらかの決済が必要なサービスを利用している場合には、登録されているクレジットカード番号(の下4桁)が表示されているはずです。

支払方法が登録されていない場合には、クレジットカード番号の入力欄が表示されますので、支払いに使用したいクレジットカード番号を入力しましょう。

それぞれ、支払い方法と毎月の使用料を確認したら、ページ下部の「確認画面へ」をクリックしましょう。

 

注意事項を確認し申し込みを完了する

最後に、注意事項に目を通します。

内容に問題がなければ、チェックボックスにチェックを入れて「申し込みを完了する」をクリックしましょう。

これでdTVの申し込み手続きは完了です。

「dTVのご利用はこちらから」の下のオレンジのボタンをクリックすると、すぐにサービスの利用が可能です

 

他社VODサービスとの違い比較

dTVは他社と比べてどのような違いがあるのでしょうか。

視聴できる作品本数や内容の違いは以下の通りです。月額費用550円という体価格で、これだけ充実しているサービスはdTV以外にそうないことがよくわかりますね。

ドラマや映画はもちろんのこと、アニメや子ども向け番組なども視聴可能。加えて音楽作品については、ミュージックビデオなども配信されています。他社サービスではライブなどの視聴はできますが、ミュージックビデオの配信はほとんどありません。

dTVが、さまざまな世代とシーンで利用できるのは間違いないでしょう。

特徴
dTV 作品数はトータルで12万本ほど。一部新作は別途有料レンタルとなるが、ほとんどの作品が見放題。国内外のドラマや映画のほかに、韓流ドラマや華流ドラマも充実。音楽番組やアニメも多いので、幅広い世代で楽しめる。特定の局に限定されず、さまざまな局の作品が網羅されているのも特徴。
U-NEXT 21万作品と業界最多の作品数。特定の放送局の番組に縛られず、さまざまな放送局の国内ドラマの見逃し、国内外の映画なども豊富。さまざまな番組が網羅的に楽しめる。アーティストのライブやリアルタイムでの同時オンライン配信の視聴も。雑誌も読み放題で利用できる。
hulu 日本テレビ系列の番組が中心。ドラマやアニメ、バラエティ番組のほか、国内外の映画も配信。キッズ向け番組や音楽系コンテンツも充実しているので家族全員で楽しめる。スポーツやFOXTVなどのライブ視聴もアリ。
Paravi TBS/テレビ東京系の国内ドラマが中心。見逃し配信や過去の番組なども視聴が可能。ジャニーズ系番組やスポーツも楽しめる。作品数はおよそ1万本程度と、他のサービスと比べると少ない。
FOD フジテレビ系列のドラマや番組を中心に、オリジナルドラマやアニメ、映画などが楽しめる。昔のトレンディドラマなども楽しめるほか、最新の雑誌も追加料金なしで読み放題なのが特徴。

 

 

価格/月 無料お試し 配信数 雑誌コミック 独占配信 ダウンロード視聴 同時視聴

 

dTV 550円 31日間 12万本 × ×
U-NEXT 2,189円 31日間 21万本
hulu 1,026円 2週間 7万本 × ×
Paravi 1,017円 2週間 非公開 × ×
FOD 976円 2週間※ 5万本 × ×

※独占配信:そのサービスでしか視聴できない番組やオリジナル作品があるかどうか

月額費用で比較すると、ダントツの安さです。一部作品は有料となるので、見たい作品が見放題の範囲にあるかどうかで費用感は変わってきますが、単純に月額だけで見るとかなり安いのは明白。

お試し期間が31日と長めに用意されているので、その期間中にジャンルや作品をチェックし、気になる作品がある場合には継続利用をするというのが良さそうですね。

 

dTV利用のメリットとデメリット

他社よりも安くて利用しやすそうなサービスでも、実際のところ良い面ばかりとは限りませんよね。

実際利用してみると、dTVにもメリットとデメリットがそれぞれあることがわかります。

 

メリット

  • お試し期間が31日間と長く試せる
  • 月額使用料が550円とかなりリーズナブル
  • 作品数は12万本とかなり充実
  • 月ごとに作品が入れ替えとなるので飽きずに楽しめる
  • さまざまなテレビ局のドラマや番組が幅広く視聴できる
  • 国内外のアーティストのコンサートやミュージックビデオの視聴も可能
  • アーティストの生配信などもある
  • アプリ利用で作品のダウンロード視聴が可能

 

dTVを利用する最大のメリットは、作品数の豊富さとジャンルの幅広さでしょう。とにかくたくさんの番組や作品が視聴できるため、飽きることなく楽しめるのが魅力です。

また最大4つまで子アカウントが作成できる点や、複数のデバイスで同時視聴ができること、ダウンロード視聴が可能な点などもメリットに感じられる人は多いはずです。

dTVはそれぞれ好みや世代の異なる家族とシェアして利用したいという場合に、最適なサービスだといえるでしょう。

 

デメリット

  • 国内ドラマでは新旧問わずレンタル作品が多め
  • スマホアプリ内ではレンタル作品の視聴ができない(ブラウザ版にて利用)

 

月額費用が安い点は他社の動画配信サービスと比べてもかなりおすすめできるポイントです。

ただし新作ドラマや映画作品などは、その多くが有料でのレンタルとなるため、現在放送中のドラマを追って視聴したい!という人には不向きな点もあります。

とはいえさまざまな局のドラマや番組が視聴できる点や、韓流ドラマの多さ、音楽コンテンツの充実度などからみると、月額550円というのはかなりの高コスパだといえるでしょう。

動画配信サービスのヘビーユーザーには、少々物足りなさを感じる部分もあるかもしれません。しかし、ドコモ経済圏(dポイント利用者)で安価な動画配信サービスの利用を検討されている人には、dTVは迷わず利用をおすすめできるサービスだといえるでしょう。

 

まとめ

dTVは、月額使用料550円のかなりリーズナブルな動画配信サービスです。

新作ドラマや映画では有料レンタル対象の作品が多めですが、作品の多さやジャンルの充実度などを見ても、かなりコストパフォーマンスに優れたサービスだといえます。

毎月の支払いやレンタルにはdポイントも使えるほか、契約を継続することでdポイントを貯めることも可能。日ごろからdポイントを活用している人にとっては、より利用しやすいサービスだといえるのではないでしょうか。

見放題対象となる作品にはどのようなものがあるのか、お試し利用で確認ができます。

dTVでは現在31日間無料でお試しできるキャンペーンを実施中ですので、ぜひこの機会に一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

\1ヶ月無料視聴/

dTVの申し込みはこちら

投稿者プロフィール

ヨーグルトマニア
ヨーグルトマニア
エンタメが大好きな管理人によるオンデマンド生活をご紹介します。
芸人のバカリズムとヨーグルトが大好物。

-dTV, VOD比較, 視聴方法

Copyright© エンタメ好きのオンデマンド生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.