ドラマ感想

WOWOWドラマ『殺意の道程』第四話の感想

殺意の道程とは・・・

バカリズム脚本、井浦新とバカリズムのW主演となるWOWOWオリジナルドラマです。

紹介のサムネイルを見ると「バカリズムがシリアスなサスペンス物に挑戦してるんだ」
と思ってしまうかも。

しかし、本作は

「新感覚サスペンスコメディです。

今までのバカリズム脚本ドラマ(素敵な選TAXI、架空OL日記など)のファンを裏切らない出来です。

なんと、1話はwowow加入者以外も無料で見ることができます。

WOWOWメンバーズオンデマンドなら見逃し放送も見ることができるので、見逃していた人も安心。

一話をみた感想と放送の詳細は
↓↓こちら↓↓ をご覧ください。

井浦新、バカリズムW主演 WOWOWオリジナルドラマ『殺意の道程』が面白い!

 

WOWOWの申し込みはコチラ

 

第四話 張り込み

いや〜、今回の話はまさにカオス状態。しかし、緩急のあるとてもいい回でした。

またしても車移動のシーンから。このドラマのメインの舞台はボルボということが判明。

冒頭、新発売の「クリームチーズパン」が出てきた時点で読めたよね。
「突然、私の体に異変が起きた」・・・という展開は。

久しぶりに室岡登場。

会社のハイヤーで寿司、バーをはしごして帰宅前のコンビニで彼女といちゃつく・・・
そら、小市民はムカつきますわ。

車を移動している間に室岡たちを見失う一馬と満。
走って捜索しますが、その時の音楽や照明がかっこいい!!
映画っぽいというか、少なくともコメディの撮り方ではありません。

そのあとのバカリズムのキレ演技もかっこいいんです。
あれは素が出てるのでは!?
(バカリズムさんはあの温和な童顔に似合わず結構武闘派との噂)
台詞もアドリブバンバン出てたらしいですしね。

最後はボルボの中で反省会。

いつもは一馬がちょっとずれていて、満が独自の理論で軌道修正するというパターンなのですが、
今回の一馬は冷静でしたね。

このドラマは2人の会話のシーンが多いのですが、
全然飽きないし、2人の個性がわかってくるほど
やりとりが面白く感じてきちゃいます。

しかし、こんなスローテンポで

最終回、本当に復讐は果たせるのか・・・?

 

必視聴!オーディオコメンタリー

今回のオーディオコメンタリー

監督の住田崇、室岡役の鶴見辰吾、室岡の愛人役の飛鳥凛です

第四話でいよいよ登場の鶴見さん。

テレビ番組のトークゲストでも話術が達者で、期待大でしたがやはりおもしろいコメンタリーでした。

「こんな役多いんだよな〜」とおっしゃってましたが、
まさに室岡っぽい役のイメージですよね。

 

第一話はビジュアルコメンタリーとして、バカリズム、井浦新がドラマを見ながらコメントをします。

本編約30分。ビジュアルコメンタリー版約30分なので身構えずに見れるのも嬉しいところ。
第一話の本編とビジュアルコメンタリーは無料配信なので是非見てみてください。

 

オンデマンド視聴方法

まだ見ていない!という人も安心してください

このドラマはオンデマンド視聴できます。

WOWOWの入会が必要ですが、放送日時に関係なくいつでもどこでも視聴することができますよ
デバイスも5つまで使えるので

家族と一緒に居間でTV

リモートワークの休憩にパソコン

ベッドでスマホ

とシチュエーションに合わせて視聴方法が選択できます。
詳しくは ↓↓こちら↓↓ をご覧ください。

WOWOWメンバーズオンデマンド端末の登録方法・解除方法

WOWOWの申し込み方法や費用などが気になる方は
↓↓こちら↓↓ をご覧ください。

WOWOWの申込方法や加入の手順は?視聴環境のチェックがポイント!

 

WOWOWの申し込みはコチラ

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

ヨーグルトマニア
ヨーグルトマニア
エンタメが大好きな管理人によるオンデマンド生活をご紹介します。
芸人のバカリズムとヨーグルトが大好物。

-ドラマ感想

Copyright© エンタメ好きのオンデマンド生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.