hulu ドラマ・映画感想

『真犯人フラグ』#17-第17話感想

『真犯人フラグ』は毎週日曜 夜10時30分放送。

2クール、半年かけて放送される秋元康さんの企画原案のドラマです。

#17 ストーリー

かがやきの世界で発見された2つの遺体は充と充の母・昭子だった。
教祖は警察の事情聴取で「かがやきの世界はマルチ商法でビジネスとしてやっている」「信者に貢がせるために家族や友人を影と名付けて縁切りをさせている」「寸劇で影を殺したり人形を土に埋めたりするフリをしている」ことを語った。それを利用してバタコは凌介が真帆と光莉を殺害するシーンを見せ洗脳していったのだった。
プロキシマの金城が発見したSNSにより、一星と本木が過去に関係があったことが明らかになった。

第17話は一星と本木の関係が詳しく描かれました。しかし、光莉の家出の件、本木との過去など一星は秘密を抱え込む性質のようですね。こうなると他にもなにか秘密が隠れているのではと疑ってしまいます。

篤斗から少しずつ監禁時のことは語られ始めましたが、誘拐した状況はまったく謎のままです。さらに真帆の件に関しては全く進展がないので、まだまだ考察が捗りますね。

 

怪しい動きの登場人物たち

今週の気になる動きは?

相良凌介・・・篤斗との親子の絆が完全復活。

二宮瑞穂・・・大学生時代に落語研究会にいた姉が死亡していることが確定。カセットテープは姉が語る落語だった。「殺された」のは他殺なのか、殺されたようなものという意味なのか。強羅くんが関わっている可能性も大きい。

菱田朋子・・・洗面所で赤く汚れた布を洗う「早く全部消さないと」とは何か。

相良篤斗・・・失踪当日以外の状況はある程度わかってきた。失踪当日の話ができないのは怖いのか、隠しているのか。

橘一星・・・光莉の電話を無視してPC作業に熱中する。まだ隠し事がありそう。母すみれの怪我の件もしくは高校生時代を知るSakuraを調べているのか。

本木陽香・・・一星と偽装恋人だった過去が発覚。いじめを救ってくれたその頃から「救世主様」として特別視している。

バタコ・・・中村充と一緒に発見された遺体は充の母と判明。バタコが殺害したのか。篤斗を手に入れた経緯はまだ不明。「悪気なく人傷つけるような奴ほど殺したくなる。」とは凌介のことか。

望月鼓太朗・・・瑞穂と会話中に着信あり。明らかに仕事関係ではなさそう。清明か。ラスト、篤斗が運ばれた時と同じサイズの段ボールを篤斗に届ける。中身は?

強羅・・・一星の病院にも現れた。具体的に何をしたいかはわからず。

教祖・・・「盆踊りして土売るのどこが犯罪なの?」「こっちはビジネスやってんの!」ということで、かがやきの世界が犯罪を犯している可能性はほぼないと思われる。

 

気になる設定

猫おばさんが瑞穂が電話に出る時に「あなたは決断をせまられる。もう間違えないようにね」と語ったのは“一度決断を間違ったけど”という意味か。

一星の母すみれが「階段で転んじゃったの」と血を流していたのは誰かに襲われたのではないか。“薬をもらいに”強羅が病院に来ていたことと関係が?

真帆が電話した神奈川県内の高架下の公衆電話ボックスには、本当に本人がきたのか。

 

Huluオリジナルストーリー配信

『週刊追求PREMIUM』人物ファイル#03がHuluで独占配信

『あなたの番です』同様、Huluでオリジナルストーリーが配信されます。こちらは見なくても本編を楽しめますし、見なかったから謎が解けないということもないでしょう。

しかし、見ればさらに本編を楽しめることは確実。もし気になったら、無料期間だけでもHuluに加入してみてはいかがですか?

Huluを無料でお試し⇒

hulu(フールー)の申込方法と各VODとの比較、メリット・デメリット

 

大胆予想

第17話はバタコと本木の回想シーンが多く、真帆へとつながる新しい発見や事件は起こりませんでした。残りの話数もあとわずか。どのように解決していくのでしょうか。では現段階での一応の予想をしてみました。

真相予想

本木と一星の関係性を知っている真犯人。「光莉が一星に寄生している」「光莉を排除するために相良一家を貶めよう」と誘い、真犯人は本木を利用して共謀して凌介の不倫写真を撮影してネットに流した。真犯人の狙いは真帆を手に入れること。篤斗の場合と同じように真帆を監禁して外の情報を遮断し、家族が真帆を裏切っていると洗脳している。

大穴予想

Sakuraは一星の母すみれのアカウント。息子を溺愛しており、息子の前では光莉を歓迎していたが、本心では疎ましく思っていた。これまでも一星に近づく女は自分の仕業だとバレないように排除してきた。今回の頭の怪我やお店のぼや騒ぎも、一星に心配させるための自作自演。

 

まとめ

フラッシュモブでプロポーズのやり直しは本当に恐怖でした。「こんなのテロですよ」に共感。太田黒がダンスと段取りを練習したと考えると、カツラ外して以降の高感度は爆あがりですね。小峯頑張れ。

次回あらすじでは「ある人物が真相を語り〜」とあります。次回も期待できますね。

 

 

-hulu, ドラマ・映画感想

Copyright© エンタメ好きのオンデマンド生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.