disney+ ドラマ・映画感想

男の子(幼児)に人気のディズニープラス作品は? 3歳児が愛するアニメ10作品を紹介!

男の子に人気のDISNEY+の作品10選!

お子さん向けにディズニープラスの契約を検討しているという方も多いでしょう。

ディズニープラスは、ディズニーが大好きな大人だけでなく、キッズやベビーにもおすすめの作品がたくさんあります。

今回はそんな魅力的なディズニー作品の中でも、筆者の息子(3歳)が大好きなディズニープラス収録作品を紹介したいと思います。

同年代の男の子に人気の作品はもちろん、女の子にもおすすめの作品がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ディズニープラス公式はこちら

 

メモ

現在のディズニープラスの月額料金は990円(税込)です。

 

男の子(幼児)に人気のディズニープラス作品10選

ディズニープラスで視聴できる作品の中から、筆者の息子が好きな10作品選出してみました。

ちまたの男の子の好みとはちょっとだけ違うかもしれませんが、息子の反応なども交えながら紹介していきますので、同世代のお子さんがいらっしゃる方はぜひ参考にしてみてください。

G=全年齢対象

PG=12歳未満の方は保護者の助言、指導が必要。

CC=クローズドキャプション(CC)とは通常の字幕に加え、状況などの補足情報が表示されます。耳が聞こえにくい、聴覚障害をお持ちの方に楽しんでもらうための機能です。

 

1.スパイダーマン

・年齢制限:PG、1話24分作品(全2シーズン)

引用:DISNEY+

作品概要

スパイダーマン誕生から、さまざまなアベンジャーズメンバーとの出会い、オクトパスなど多くのヴィランとの戦いが存分に楽しめるマーベルアニメーション作品。テンポよくすすむストーリーとメリハリの効いた展開で、最後までワクワクしながら視聴できる。

息子の反応

戦隊ものやヒーローものに目覚めはじめた3歳児。スパイダーマンが指先から糸を出す様子が、とにかくお気に入りで、保育園でもしばし真似をして遊んでいます。本人が「見たい」と希望して見始めました。

3歳でも怖がることなく視聴しているほか、ストーリーもそれなりに理解できている様子。毎回、スパイダーマンがピンチになるシーンがあるので、つねにハラハラしながら見ています。

 

2.アナと雪の女王2

・年齢制限PG CC 2019 1時間43分

引用:DISNEY+

作品概要

大人気ディズニプリンセス作品、アナと雪の女王の2作品目。エルサの魔法の力の秘密やルーツを探る、未知なる世界への旅を描いたストーリー。母と子の絆や、愛について考えさせられる作品。登場するキャラクターもそれぞれがとても魅力的。

息子の反応

強く美しいプリンセスが大好きな息子は、エルサに夢中です。挿入歌「イントゥ・ジ・アンノウン」の「あ~あ~ああ~」のフレーズが特にお気に入りで、クライマックスのシーンでは全力で一緒に歌います。

アナと雪の女王は、エルサが活躍するシーンが多めの2作目の方が好きなよう。オラフの一挙一動にもゲラゲラ笑います。

 

3.PJMASKS(しゅつどう!パジャマスク)

・年齢制限:G、1話26分

引用:DISNEY+

作品概要

コナー、アマヤ、グレッグの三人は夜の街を守る正義のヒーローパジャマスク!ちょっとドジで失敗してしまうこともあるけれど、だからからこそ憎めない。そんなヒーローたちです。悪役たちもそれぞれ意地悪だけどとてもキュート。人とのかかわり方を子どもたちに教えてくれるような、そんなアニメ作品。

息子の反応

パジャマスクは毎回、悪役によるいたずらやトラブルのシーンからスタートし、パジャマスクたちが苦戦しつつも解決するというわかりやすいストーリー展開です。

毎回パターンは同じですが、そのわかりやすさが息子のツボのようで、どの話も食い入るように見ています。オープニングテーマソングも大のお気に入り。とてもかっこよく憧れの気持ちがあるようです。

 

4.カールじいさんの空飛ぶ家

・年齢制限:PG、1時間36分

引用:DISNEY+

作品概要

もと風船売りのカールじいさん。愛する妻と暮らした家を立ち退かなくてはならなくなったカールじいさんが選んだのは、ありったけの風船をつかって家ごと旅に出ることだった。一人で旅に出たはずが、矩わせたのはボーイスカウトの少年。カールじいさんの旅は、思わぬ大冒険へと発展していく。

息子の反応

息子は犬が好きです。この物語には、そんな愛すべき犬たちも登場します。主役はあくまでもカールじいさんなのでどの犬も脇役的な存在ですが、息子はこの犬たちに会いたくて映画を再生します。

大人がこの映画をみる目線とはまた違った目線で、息子はこの映画を愛しているようです。

 

5.悪魔バスタースター★バタフライ

・年齢制限:PG、1話24分、全4シーズン

引用:DISNEY+

作品概要

スター・バタフライは魔法の国のプリンセス。異次元のモンスターとのもめごとにより、魔法の国から地球へと送り込まれる。一緒に暮らすこととなった男の子マルコとの学校生活や、異次元からやってくるモンスターとの闘いなど、ハチャメチャに繰り広げられるコメディ・アクション作品。

息子の反応

スター・バタフライもまた、息子が愛すべき「強くてたくましいプリンセス」です。スターの相棒でもあり、もう一人の主人公でもある地球人の少年マルコは、カラテの腕前もなかなか。魔法とカラテで怪物たちをやっつける様子は、とてもワクワクするよう。

オープニングテーマソングやスターの関西弁的方言もツボみたいですよ。

 

6.インクレディブルファミリー

・年齢制限:PG、1時間57分

引用:DISNEY+

作品概要

スーパーヒーロー一家の活躍を描いた、インクレディブルシリーズの第二作。ヒーロー活動が禁止されるなか、それでもヴィランから街や人々を守るために戦うパー一家。ある日、ヒーロー活動を法的に認めるべきだと訴え、さまざまなヒーローを支援する富豪に、母親であるヘレン(イラスティガール)がスカウトされる。

息子の反応

息子は末っ子ベビー、ジャックジャックの無邪気な様子が大好きです。無邪気というよりは無茶苦茶なのですが、とにかく息子はその天真爛漫で無敵なジャックジャックの姿が見たくてたまらないよう。またこの作品では、ヴィランは悪役に徹しているので、とにかく「悪い奴はやっつける!」という感覚で視聴できる点も好んでいるようです。

 

7.モアナと伝説の海

・年齢制限:PG、1時間50分

引用:DISNEY+

作品概要

モトゥヌイ島で暮らす少女モアナ。幼い頃の海との不思議な経験から海に憧れを抱いていた。しかし島には、命の女神テ・フィティにまつわる伝説と共に、珊瑚礁を越えてはいけない掟が。そんな豊かで穏やかで平和な島に、少しずつ異変が。島の平穏を取り戻すには、その昔半神半人のマウイがテ・フィティから盗んだとされる心を返す必要があるという。モアナはマウイを探し出し、彼と共に海を旅することとなる。

息子の反応

『モアナと伝説の海』には挿入歌が多く、息子はいずれもとても気に入っています。なかでもマウイの「俺のおかげさ」は、振り付きで踊るほど大好き。またストーリーの展開や、映像の壮大さや迫力にも引き込まれながら見ているようです。

海賊カカモラやテ・フィティとの交戦の際は真剣そのもの!ちなみに、ニワトリのヘイヘイが登場するシーンも大のお気に入りです。

 

8.アベンジャーズシリーズ

・年齢制限:PG

引用:DISNEY+

作品概要

人類を守るために結成された、最強のヒーロー集団アベンジャーズ。シリーズごとにさまざまな脅威となる敵と対峙し、苦難を乗り越えながらも勝利していく。それぞれのヒーローの葛藤や苦悩、人間らしさも作品の見どころ。ストーリーはもちろんのこと、迫力満点の戦闘シーンはどの作品も圧巻。

息子の反応

ディズニープラスがきっかけで、アベンジャーズシリーズを見るようになった息子。アイアンマンをはじめ、全作品ではないものの一通り見ている気がします。とは言っても、ストーリーはざっくりとしか理解していないようで(大人でも難しいですよね)、とにかくヒーローたちがカッコいい!という理由で見ているようです。

 

9.宙を舞う

・年齢制限:G、10分

引用:DISNEY+

作品概要

「普通」とはちょっと違う力を持つ息子、それを周囲に知られまいとする父親。ある日そんな息子の力が人目に触れる事態となり、親子に好奇視線が寄せられる。そこで父親がとった行動とは。たった10分と短い物語だが、心にぐっとくるものがある。

息子の反応

本当に短いストーリーですが、登場人物の表情がとても豊かな作品です。言葉を交わすことはなく、気持ちは全て表情で伝える作品なので、子どもの気持ちもシンプルに動かされるのではないでしょうか。最近はあまり見る機会は減ってきていますが、一時期は何度もリピート再生するほどにお気に入りの作品でした。(余談ですが、「BAO」というショートストーリーも同じような理由で好きなようです。)

 

10.あの夏のルカ

・年齢制限:G、1時間41分

引用:DISNEY+

作品概要

海の中で暮らすシーモンスターは、海辺の町で恐れられている存在。そんなシーモンスターの少年2人が人間の姿となり、海べの町で忘れられない夏のひと時を過ごす。少年少女の友情と、成長の物語。

息子の反応

息子は海の生き物にまつわるものが大好きです。動物園よりも水族館、山よりも海。そんな息子が『あの夏のルカ』に惹かれるのは、とても自然なことでした。変にリアルすぎることのない海中の描写は、ファンタスティックで息子の想像力を刺激します。そして子どもたちの好奇心に満ちた目や行動に、いつもワクワクさせられるようです。

ディズニープラス公式はこちら

 

ディズニープラス収録作品の年齢制限

ディズニープラスには、子ども向けのアニメ作品以外にも、さまざまなジャンルの作品があります。中には子どもに見せるべきか悩んでしまう作品もあるでしょう。

そんな時は、作品紹介ページに記載されている年齢制限マークをチェックしてから選ぶと安心です。

ディズニープラスで視聴できる作品には、すべて年齢制限が定められています。

それぞれの年齢制限ごとの対応は下記の通り。

 

G:すべての視聴者

全年齢に適する

 

PG:保護者による指導・助言

12歳未満のお子さまには不適切な内容が含まれている場合がありますので、保護者の方がお子さまと一緒に作品を視聴されることをおすすめします。

 

12+:12歳以上の視聴者のみに視聴が制限されているコンテンツ

一部暴力的な描写や不適切な言葉が含まれる場合があります。

 

15+:15歳以上の視聴者のみに視聴が制限されているコンテンツ

極めて暴力的な描写や不適切な言葉、犯罪行為が含まれる場合があります。

 

18+:18歳以上の視聴者のみに視聴が制限されているコンテンツ(18+)

露骨な性行為、暴力、薬物の使用が含まれる場合があります。

 

アニメ作品はほとんどが「G」または「PG」です。アベンジャーズなどのアクション作品でも「PG」指定なので、あまり心配は必要ありません。

もしも迷った時は、この年齢制限マークを参考にするか、プロフィール設定で年齢制限をかけてしまうと安心でしょう。

 

キッズプロフィールが便利で便利

引用:DISNEY+

引用:DISNEY+

※写真は最初がキッズプロフィール、次が通常の画面

ディズニープラスは、子どもにも安心して好きな動画を楽しんでもらえるよう、さまざまなペアレンタルコントロール機能を提供しています。

キッズプロフィールも、そんなペアレンタルコントロール機能の一部です

 

キッズプロフィールに設定すると、幼児さんでも操作しやすい画面に変更され、キッズ向け作品のみが表示されます。

年齢制限が高い作品はサムネイルすら表示されないので、「これ見たかったのに!」とごねられることも減るでしょう。

 

ただし、キッズプロフィールでは「G」指定の作品しか試聴できないのでご注意ください。

とはいえ、幼い子にスマホやタブレットを手渡してディズニープラスを試聴してもらう際には、使い勝手も良いのでおすすめの設定でしょう。

ディズニープラスのキッズプロフィールとは?通常の年齢制限との違いについて

 

ディズニープラスには子どもが楽しめる作品がたくさん!

本記事で紹介した作品以外にも、ディズニープラスには息子が大好きな作品がたくさんあります。

ディズニー作品だけでなく、ピクサーやオリジナル作品なども楽しめるのもディズニープラスの魅力でしょう。

同じ作品を繰り返し見ることが多いですが、年齢が上がるにつれ見る作品の幅も広がって来ているようです。

お子さんのためにディズニープラスを契約しようか迷っている方、絶対後悔はありませんので、全力でオススメします!

お子さんも安全に楽しめますし、大人だって飽きることなく楽しめちゃいますよ!

ディズニープラス公式はこちら

 

-disney+, ドラマ・映画感想

Copyright© エンタメ好きのオンデマンド生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.