9/28

シンポジウム・ワークショップ

「第2回全国ヨーグルトサミットin真庭」開催要領

岡山県真庭市

 平成30年10月、ご当地ヨーグルトを主とした乳製品に関連する全国の企業、行政、専門家等が参集する全国初のイベント「第1回全国ヨーグルトサミット」が茨城県小美玉市で開催されました。


岡山県真庭市の北部にある蒜山高原は、日本一のジャージー牛飼養地域であり、その牛乳・乳製品、特にヨーグルトはロングセラーの地域ブランドとなっており、観光資源としても大きな役割を果たしています。このため、本年9月、第2回全国ヨーグルトサミットを真庭市で開催することとしました。


「第2回全国ヨーグルトサミットin真庭」では、第1回サミットで生まれた全国のご当地ヨーグルト関係者の交流・連携の輪をさらに広めるとともに、ご当地ヨーグルトの知名度向上及び牛乳・乳製品の消費拡大、次世代の酪農を担う人材の育成等を目標として開催します。


ご当地ヨーグルトを通じた地域振興、新ビジネス創出に関心のある全国の皆様のご参加をお待ちしています。

日時

令和元年9月28日(土)~ 929日(日)

会場

岡山県真庭市蒜山高原

(休暇村蒜山高原、蒜山高原センターほか)

交通

(車)米子自動車道蒜山IC下車後、車で5分。

(バス)JR岡山駅から、中鉄高速バスでJR姫新線中国勝山駅まで。

コミュニティバスに乗り換え、蒜山高原へ。

宿泊

シンポジウム会場の休暇村蒜山高原には宿泊が可能です。

た、蒜山高原及び湯原温泉(会場より車で30分)には、多数の旅館・ホテルがあります。

宿泊の斡旋は行いませんが、ご不明の点があれば事務局にお問い合わせください。

開催者

主催:第2回全国ヨーグルトサミットin真庭開催実行委員会

共催:岡山県、真庭市、蒜山酪農農業協同組合

後援:農林水産省、NPO法人中四国アグリテック、一般社団法人Jミルクほか

2 開催概要

(1)シンポジウム

日時

928日(土)13:0017:30

場所

休暇村蒜山高原(真庭市蒜山上福田1250281

定員

150

テーマ

西日本のご当地ヨーグルトメーカーから、ジャージー牛、酪農家限定牛乳、山地酪農、農福連携、異業種連携など、

地域に根差した独自の経営戦略について事例発表いただくとともに、

特徴的な乳酸菌の活用、産学官連携などについて議論を行う。

内容

①蒜山の酪農紹介

 「蒜山の酪農と後継者育成について」

            山田 義和 氏(公益財団法人中国四国酪農大学校 校長)

② 基調講演

 「産学官連携によるご当地ヨーグルトの商品化」

宮本 拓 氏(くらしき作陽大学食文化学部長)

③事例発表

蒜山酪農農業協同組合 (岡山県真庭市)

球磨酪農農業協同組合 (熊本県球磨郡相良村)

木次乳業有限会社 (島根県雲南市)

特定非営利活動法人 土田の里(岡山県岡山市)

株式会社 西山酒造場(兵庫県丹波市)

④パネルディスカッション

「ご当地ヨーグルトはどこを目指すのか」

コーディネーター 

神崎 浩 氏 岡山大学大学院環境生命科学研究科教授

コメンテーター

宮本 拓 氏 くらしき作陽大学食文化学部長

齋藤忠夫 氏 東北大学大学院農学研究科名誉教授

長恒 充 氏 蒜山酪農農業協同組合代表理事組合長

⑤交流会(18:00~)

(2)ワークショップ

日時

9 月28 日(土)9:00~12:00

場所

蒜山高原周辺

定員

30名(主に学生対象。シンポジウム参加者に別途案内)

テーマ

多彩なご当地ヨーグルトの世界や乳酸菌を活用した食等について、

参加者参加形式で学ぶ。

講師( 予定)

木元広実 氏 農研機構 畜産研究部門 畜産物機能ユニット長

向井智香 氏 カップヨーグルト研究会

(3)ご当地ヨーグルト物産展

日時

929日(日)9:3015:00

場所

蒜山高原三木が原特設会場

テーマ

太平洋・瀬戸内海・日本海の食が味わえる「海の市山の市2019真庭」と共同開催で、全国のご当地ヨーグルトを味わえるイベントを開催。

問い合わせ・申し込み先

真庭市産業観光部農業振興課 金崎(かねさき)・馬野(うまの)

TEL0867-42-1031

FAX0867-42-3907

E-mailnohshin@city.maniwa.lg.jp

Facebookページ「第2回全国ヨーグルトサミットin真庭」

ヨーグルトサミット特設ホームページ

真庭市ホームページ